お茶の産地|富山県|バタバタ茶などの特徴について

富山県産のお茶について

主な茶の呼称
  • バタバタ茶

バタバタ茶

富山県朝日町名物の泡立てて飲む伝統的な番茶。黒茶を布袋に入れて煮出したものを、茶碗に入れ、専用の茶筅の先に塩をつけて泡立てる。

この泡を飲みながら、お茶請けに、山菜の煮物や漬物を食べることが一般的とされる。バタバタとは、「慌ただしい」といったような意味合いの言葉。

お茶の分類としては、黒茶や後発酵茶となり、日本にある同じお茶では、他に碁石茶や阿波番茶などがある。

都道府県別お茶のまとめ

お茶の産地を各都道府県毎に紹介しています。

お茶の産地一覧
青森県  岩手県  山形県  宮城県  秋田県  茨城県  栃木県  東京都  埼玉県  千葉県  神奈川県  富山県  新潟県  石川県  山梨県  岐阜県  和歌山県  愛知県  静岡県  京都府  奈良県  兵庫県  三重県  島根県  佐賀県  福岡県  鹿児島県  宮崎県  熊本県 

日本の緑茶について


二次加工茶(緑茶)


日本茶の銘柄について