お茶の産地|千葉県|佐倉茶、八街茶などの特徴について

千葉県産のお茶について

千葉は、佐倉藩にちなむ「佐倉茶」として市場に流通しており、古くは静岡県に次ぐ日本有数の茶産地であったが、その多くが落花生生産などに転換したため、今日の荒茶生産量は平成26年で30トンに留まっている。

主な茶の呼称
  • 佐倉茶
  • 八街茶(やちまたちゃ)

佐倉茶

水色・渋味・香気を丁寧に強火で仕上げたお茶。 明治4年(1871)、佐倉に産業を興そうという活動の一環で倉次亨(くらなみとおる)らが中心になって作られたお茶。現在は、衰退し現在は小川園など数軒が生産を行っているのみとなっている。


八街茶(やちまたちゃ)、八街市

製法などは佐倉茶の流れを汲んでいるお茶。佐倉に変わって、県内で主流となっている産地。

都道府県別お茶のまとめ

お茶の産地を各都道府県毎に紹介しています。

お茶の産地一覧
青森県  岩手県  山形県  宮城県  秋田県  茨城県  栃木県  東京都  埼玉県  千葉県  神奈川県  富山県  新潟県  石川県  山梨県  岐阜県  和歌山県  愛知県  静岡県  京都府  奈良県  兵庫県  三重県  島根県  佐賀県  福岡県  鹿児島県  宮崎県  熊本県 

日本の緑茶について


二次加工茶(緑茶)


日本茶の銘柄について