お茶の産地|秋田県|檜山茶の特徴について

秋田県産のお茶について

主な茶の呼称
  • 檜山茶(ひやま茶)

檜山茶(ひやま茶)

檜山茶は、秋田県能代市の檜山地区で作られるお茶で江戸時代中期にはじまったとされる。 まとまった栽培・生産の産地としては日本海側の北限と言われている。 現在では、10アール程度が栽培されており、宇治製法に基づいた手摘み・手揉みにより作られており生産量は少ない。

[秋田 北限の檜山茶入] 茶ようかん

  • 製造者:茶誠堂
  • 内容量:225g

RAKUTEN AMAZON

都道府県別お茶のまとめ

お茶の産地を各都道府県毎に紹介しています。

お茶の産地一覧
青森県  岩手県  山形県  宮城県  秋田県  茨城県  栃木県  東京都  埼玉県  千葉県  神奈川県  富山県  新潟県  石川県  山梨県  岐阜県  和歌山県  愛知県  静岡県  京都府  奈良県  兵庫県  三重県  島根県  佐賀県  福岡県  鹿児島県  宮崎県  熊本県 

日本の緑茶について


二次加工茶(緑茶)


日本茶の銘柄について