雲南省プーアル茶レポート2018


POSTED | UPDATED

“YUNNAN”

2018年4月から約2ヶ月間をかけて、中国、香港、台湾の茶の産地や市場を回る旅に出ています。 詳細は、以下のページにてご紹介しています。

“PLEASE FOLLOW OUR INSTAGRAM”

雲南省にてプーアル茶の産地を訪れる

中国は、前半(4/4 – 4/17)と後半(5/12 – 5/26)で2度訪れていますが、前半では今回の『旅の主要な目的』であったプーアル茶の産地の雲南省臨滄市を訪れています。

この雲南省臨滄市では、HOJOオーナーの北城氏に同行させて頂き、約1週間ほど滞在し、お茶の買い付けの現場を見学させて頂きました。

HOJOは、世界から厳選された茶と茶器の販売を行なっている会社で北城彰(ほうじょうあきら)氏が代表を務めています。

お茶の専門店HOJO

ホームページ BLOG

以下にて、雲南省臨滄市で見たプーアル茶が作られる現場と滞在中楽しみの1つでもあった現地での食事や市場などの現地情報を紹介いたします。(※具体的な地域名などは商売の妨げになるので伏せて紹介させて頂いております。)

01_中国_4/4_4/17

  • 4/4:日本-上海-雲南省昆明(昆明宿泊)
  • 4/5:昆明-雲南省臨滄市(臨滄市宿泊)
  • 4/6:昆明-雲南省臨滄市(臨滄市宿泊)
  • 4/7:昆明-雲南省臨滄市(臨滄市宿泊)
  • 4/8:昆明-雲南省臨滄市(臨滄市宿泊)
  • 4/9:昆明-雲南省臨滄市(臨滄市宿泊)
  • 4/10:昆明-雲南省臨滄市(臨滄市宿泊)
  • 4/11:昆明-雲南省臨滄市(臨滄市宿泊)
  • 4/12:昆明-雲南省臨滄市(臨滄市宿泊)
  • 4/13:臨滄市-昆明(バス車泊)
  • 4/13:昆明-大理(列車泊)
  • 4/14:大理(大理宿泊)
  • 4/15:大理(大理宿泊)
  • 4/16:大理-昆明(昆明宿泊)
  • 4/17:昆明-河口北-ラオカイ-ハノイ(列車泊)

2018/4/4 日本-上海-昆明へ移動

この日のスケジュールは、日本から上海浦東国際空港(上海)へと移動し、国内線に乗り換えて昆明長水国際空港(昆明)へ。昆明空港到着後、昆明の市街地へバスで移動し一泊となっていました。

中国のネット規制を回避できる『香港SIM』

日本-上海間フライトも遅れはなく、昆明行きの飛行機への乗り換えもスムーズに行うことができました。

昆明行きのフライトへ乗り換えを行う間に、日本から事前に用意しておいた『香港SIM』と呼ばれるプリペイドシムカードをiphoneにて利用しネット環境を整えました。

ご存知の方も多いかと思いますが、中国におけるネット規制はとても厳しく中国国内で購入できるSIMカードや宿泊先のネット環境では、Googleサービス関連、Lineなどは使うことができません。

ただ、その対策して一般的に『香港SIM』を利用することで規制を回避することができます。

香港SIMとは

香港SIMとは、プリペイドタイプのSIMカードで、香港経由のローミング接続を行うため、中国政府のネット規制を受けることがなくGoogle関連サービス(検索、MAP、Gmail)、Facebook、YouTube、Twitter、Instagram、Lineに接続可能となります。

【正規日本語版】 中港7日 ( 中国 本土31省 香港 7日間 2GB データ通信 専用 プリペイド SIM カード 4G対応)

  • 電波受信後から8日間/2GBの利用が可能
  • データ通信専用(音声通話不可、SMS不可)
  • 4G対応
  • 2GB使用すると速度制限がかかる
  • パッケージ等が日本語表記
  • Nano、Micro、Normal SIM 3種類のSIMカードに対応

AMAZON

昆明長水国際空港にて


昆明長水国際空港に到着したころには、24時近く。この日は、昆明の市街地にて一泊の予定なので、空港から移動が必要でした。すでに地下鉄は営業を終了していましたので、今回はバスで移動しています。(マップにて確認できるように、空港には地下鉄6号線が走っています。)

昆明長水国際空港

空港出口にあるバスチケットカウンター

バスチケットは、空港前にあるチケットセンターにて購入(25元)

乗車したバス

ホテル近くまではGoogle mapを使いながら確認し、近くなったら下車し、ホテルまでは徒歩で向かいました。

今回宿泊したホテルは昆明の中心地、東風広場(Dongfeng square)からほど近い場所にありました。東風広場(Dongfeng square)は地下鉄が南北、東西に走るラインが交わっており、どこに行くにもとても便利な場所です。


昆明地下鉄マップ/source

宿泊したホテル

2018/4/5 昆明 – 昆明西部バスターミナル

昆明に宿泊した翌日、長距離バスで雲南省臨滄市の茶産地へ向かいました。

昆明には長距離バスセンターが複数存在し、それぞれ地下鉄でアクセスが可能です。今回利用したバスセンターは、昆明西部バスターミナル(昆明西部汽車客運站)です。

昆明にある長距離バスターミナル

①昆明西部バスターミナル(西部汽車客運站)
地下鉄「西部汽車站」※3号線
Google MAP

②東部バスターミナル(東部汽車客運站)
地下鉄「東部汽車站」※3号線、6号線
Google Map

③北部バスターミナル(北部汽車客運站)
地下鉄「北部汽車站」※2号線
Google Map

④南部バスターミナル(南部汽車客運站)
地下鉄「南部汽車站」※1号線
Google Map

昆明西部バスターミナルへはバスにて移動しています。昆明の地下鉄は非常に発達しており、広範囲に地下鉄で移動が可能となっています。またこれらの地下鉄は引き続き延長工事が行われており、より昆明での移動が容易になっていくようです。

昆明地下鉄の乗り方

昆明地下鉄内

今回昆明を始め大きな都市内では地下鉄をたくさん利用しましたが、その利用方法はどこもほぼ同じで、とてもわかりやすいものでした。

ここでは例として昆明の地下鉄の乗り方をご紹介します。

①券売機でチケット購入

地下鉄に乗るためにはまず券売機でチケット購入する必要があります。地下鉄マップ見ながら、目的地までの料金を確認し、購入します。

昆明ではテレフォンカードサイズのチケットでしたが、別の都市ではトークン型のチケット場合もありました。

※券売機はもっぱら硬貨のみの受付か、小さい金額の紙幣のみ利用が可能となっている場合がほとんどです。両替機などは用意されていることなどはありませんので、なるべく工夫しながら細かいお金を持ち歩くようにすることがおすすめです。

券売機

昆明市内地下鉄チケット

②セキュリティチェックを通る

ここ昆明を始め、中国国内の地下鉄はセキュティチェックがとても厳しいです。駅のホームに入る場合は、毎回このセキュリティチェックを通る必要がありますが特に心配することはありません。

内容は、空港内でのセキュリティチェックとほぼ同じで荷物のチェックとボディチェックを行います。

③自動改札を通ってホームへ

改札

セキュリティチェックを抜けたら、改札にてカードをかざすとゲートが開きます。駅から出る際は、このカードを投入する場所がありますのでそこに投入し外へ出ます。※カードは戻ってきません。

昆明地下鉄内

昆明西部バスターミナル(西部汽車客運站)


昆明西部バスターミナル

待合スペースに入るためのセキュリティチェック

待合スペース

バススケジュール
  • 昆明 – 雲南省臨滄市
  • 10時発-24時着予定

バスの発車は、午前10時で目的にへの到着予定は、当日の24時頃で約14時間のバス旅です。 かなり大型バスで1階部分は荷物置き場となっており、2階部分に乗客席となります。

バス内は思っていたよりも綺麗でした。ただ注意が必要なのは日本の高速バスにあるような車内トイレはほとんどの場合用意されていません。 トイレ休憩が3回ほどあり、そこで乗客は用を足します。

また、写真のように休憩場所には飲み物やスナック菓子、インスタントヌードルなどしか販売されていないため、長距離での移動を予定されている場合は事前に飲み物や食べ物を用意されることをおすすめします。

バス休憩

同様のバスが休憩をとる

山道を走るバスの運転は時にかなり揺れを伴います。バス車内ではエチケット袋が用意されているように、容易にバス酔いをおこなしてしまいます。心配な方は対策をしっかりすることをおすすめします。

バスはほぼ予定通りの時刻に目的地に到着することができました。北城氏の話では、道路工事や、事故の発生によりバスの到着が大幅に多くれることも頻繁にあるそうです。

工事中の風景

バスの中からの景色も変わってくる

雲南省臨滄市到着

1週間滞在したホテル

上で説明したとおり、この雲南省臨滄市では、HOJOオーナー北城彰氏に同行し、プーアル茶の買い付けの現場を見学させて頂きました。

お茶の専門店HOJO

ホームページ BLOG

HOJOはマレーシアのクアラルンプールと日本に拠点を持っており、北城氏はその両方を行き来しながら、中国、台湾などへ茶の買い付けに訪れ、時には1つの拠点に数ヶ月滞在することもあります。

雲南省臨滄市は、現在北城氏が最も重要視して茶を買い付ける地域の1つであり、年に約2ヶ月近く滞在する場所でもあります。

私はもともと北城氏がオーナーを務めるHOJOが販売するお茶のファンでしたが、そんな一ファンである私が縁あって、北城氏に同行させて頂いたことはとても光栄なことでした。

雲南省臨滄市について

雲南省はプーアル茶の産地として非常に有名ですが、そのエリアは広い雲南省の中でもいくつも存在しています。

現在、北城氏が雲南省の中でも特に臨滄市をプーアル茶の買い付けエリアとして力を入れている理由は、限りなく自然な状態で茶の栽培が行われている場所が多く残されているためです。

今回実際に中国の多くの地を回って感じたことですが、中国全体の公共機関や交通網の発展が著しく、これまで困難とされていた地域へも容易にアクセスが可能となってきています。

雲南省のプーアル茶のいくつかの産地に関しても観光地化がなされてしまい、それらの茶園では茶の収量を増やすために肥料を与えることが増え、茶の品質低下が見られているのだそうです。

今回、私たちが滞在した雲南省臨滄市では、昆明市からバスで14時間もかけて来る必要があるなど、アクセスが容易な場所ではありませんですが、そういった場所ほど、優れた場所が未だ残されています。

雲南省臨滄市にて北城氏に同行中に、以下のことを体験しています。

  • 滞在先のホテルから約1-2時間ほどかけて山の中にある多くの茶園を見て回る
  • 買い付けを行っている製茶工場にて茶の仕上がり具合をチェック
  • 新しいお茶の開発
  • 食事を楽しむ
  • 民族マーケットにて買い物

以下にて詳細をご紹介していきます。

雲南省臨滄市にて茶園を見て回る

雲南省臨滄市は約1週間ほどの滞在でしたが、その滞在中はほぼ毎日のように山へ登り茶園を見て回ることが日課となっていました。

具体的な地域名などは商売の妨げになるので詳しくご紹介することはできませんが、毎日様々な滞在先のホテルから車を使って約1〜2時間程かけ、中には険しい道のりを乗り越えて簡単にたどり着くことが着くことができる場所ばかりです。

舗装もされていない道

北城氏いわく、前に比べたら道路がかなり整備されてきた方だとのことですが、このような活動をこれまで毎年行われていたのかと思うと、正直簡単に真似のできることではないと思わされてしまいます。

茶の買い付けについて

通常中国茶を買い付けをする場合、まず考えられるのが有名な茶市場を訪れ茶を仕入れる方法があります。茶市場は、多くの種類の茶を一箇所で買い付けを行うことができ、非常に便利で効率がよい反面、品質の高い茶を買い付けることができるかというと、なかなかそういうわけにはいきません。

品質の高い茶は生産量が限られおり、観光客も容易に訪れることができる茶市場に回ってくることはそうそうありません。

高い品質のお茶を望む場合、茶の産地となる場所にある問屋を訪れる必要があり、さらにこだわる茶のバイヤーは生産者に直接コンタクトを取り問屋に卸される前に買い付けを行っています。

北城氏はまさにこの最後の方法をとっており、腕のある生産者の新規開拓と優れた茶樹を見つけ出すため、雲南省に滞在中ほぼ毎日のように山へ登り茶樹をチェックし気に入った茶樹があった場合土地を所有する農家と交渉をし、その茶樹から取れる茶葉を予約し、それを腕のある茶師のところで茶の仕上げを行っているのでした。

毎日北城氏の後ろを追う日々

樹齢100年以上の茶樹

茶の仕上がり具合をチェック

こちらは、北城氏が取引を行っている茶師が持つ製茶工場を訪れた際の写真です。この茶師は非常に勉強熱心な方で、美味しい茶を作るためにの努力を惜しまない方です。 また北城氏との信頼関係も厚く、これにより品質のHOJOの品質の高い茶が作られている要因となっていることが伺え知ることもできました。

収穫されてきた茶葉

プーアル茶の製造工程の釜炒り殺青の風景

茶を試飲(すでに24時を越えている)

新しい茶の開発

北城氏は、HOJOブログでもご確認頂ける通り、お茶作りへの探究心が非常に強く常に新しい茶の開発に取り組まれています。

HOJOブログ

私が一緒に滞在していた際は、新しい白牡丹(白茶)の開発を行っており、HOJOの新しいお茶が開発される現場を実際にこの目でみることができました。雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹(HOJOブログ)

開発した茶を淹れる様子

後日私も完成したこの白牡丹を購入し自分で淹れて飲んでいますが、花の香りと強いコクがくせになる感動的なお茶になっていました。

お茶農家からのおもてなし

北城氏と雲南省に滞在している間、何度か北城氏と付き合いのある茶師や茶農家の方々からもてなしを受けることがありました。

彼らは来客があると最高の食でもてなすという慣習があるとのこで、写真通りとてもシンプルな料理ばかりですが、お茶同様に素晴らしい自然の中で育った食材から作られた食べ物は、これまでに味わったことがない味わいと深い余韻をもたらすものばかりでした。

はちみつ

滞在先近くでの食事

ホテルの滞在先周辺でも、お茶をから始まりおいしい食を求める探究心が強い北城氏に連れられ、毎日様々な場所へ食事へ出かけることができました。

中国の特に地方都市で多く見られることですが、街を歩いて見つけることができる多くのなレストランは家族経営のようなお店が多いのが特徴です。

そのようなレストランでは、ほとんどの場合メニューが存在せず、まずその日に仕入れてある食材が冷蔵庫に保存してありそれを私たち客が選び、調理方法を指定するスタイルが取られています。

お茶同様にここで用意されている食材は、優れた自然の中で育ってきた最高の食材ばかり。これらをとてもシンプルな調理のみで仕上げる料理の数々は今思い出してもその感動が蘇ってくるものばかりです。

少数民族マーケット

滞在していたホテルから歩いていける距離に場所に月に何度か少数民族の人々が持ち寄って販売するマーケットにも見学に行ってきました。

最も感動した黒糖のブロック、ミネラルが豊富に含まれているためか、少し口に含むと喉に吸い込まれていくような感覚と深い余韻がいつまで続きます。

日本のものとは異なり、強いパワーを感じる甘酒

豊富な品揃えのスパイス

その他、日本に持ち帰ってきた食材

※横にスクロールできます。

滞在先周辺

滞在先周辺の写真です。この辺りは人々はとても温和な性格が印象的で、治安も良く夜一人で歩いていても危険な思いをすることがまったくありませんでした。

また、道はゴミがほとんど落ちていないほど綺麗に整備されていました。

臨滄市から昆明へ(バス)

4/12にお世話なっていた北城氏とお別れし、その後の旅を続けるべく15時発のバスにて昆明へと向かいました。

この帰りのバスは、夜間の運転は行わないため、夜9時頃から朝までパーキングスペースで時間を過ごし、昆明に到着したのが、翌日4/13の14時。ほぼ、1日かけてようやく昆明に戻ってくることができました。

臨滄市で過ごした約1週間と現地までの非常に困難なアクセスを経験し、あらためてこのビジネスの困難さとそれを成し遂げているHOJO氏の凄さを感じることができる貴重な時間となりました。