台湾|台北にあるおすすめの茶館(茶藝館) “Hermit’s Hut / 三徑就荒”


POSTED | UPDATED

新しい形の台湾茶藝

三徑就荒(英語名:Hermit’s Hut)は、これまでお茶に慣れ親しんできた若手夫妻が2017年8月にこの店舗をオープンした新しい台湾茶藝スタイルを提案するお店です。

三徑就荒/Hermit’s Hut
  • 店名:三徑就荒/Hermit’s Hut
  • 住所:110台北市信義區忠孝東路四段553巷46弄15號1 樓
  • TEL:+886 2 2746 6929
  • 営業時間:13:00~20:00(平日)、11:00-20:00(土日)
  • クレジットカード:可
  • アクセス:MRT市政府駅から徒歩8分
  • Google map

homepage facebook

MRT市政府駅から徒歩8分。この辺りは再開発が急速に進んでおり、周辺には同じように最近になってオープンしたばかりだというおしゃれなカフェやアパレルショップなどが軒を連ねており、非常に注目を集めている地区といえます。

茶を楽しみつつ、学ぶことがコンセプト

「三徑就荒」という店名は、中国の詩人から詩の一節をとったものだそうで、『茶を楽しみつつ、学ぶこと』がお店のコンセプト。

このお店をオープンする以前は、オンラインで茶葉や茶器などを販売していたそうですが、若い世代に気軽にお茶を楽しんでほしいとの思いから、お店をオープンしたとのこと。

小さい頃からお茶に親しんできたオーナー夫妻だけに、お茶に関する知識は深く、取り扱いお茶のセレクションも台湾、中国の各地域から豊富に取り揃える。

淹れ方カード

注文したお茶と一緒に配られるポストカードサイズのカード。お茶の特徴やお茶を淹れ方などが詳しく記されている。

本格的でありながら、堅苦しくなく自由な形でお茶が楽しめる当店は、世代を問わずたくさんの指示を集めている。

店内はまさに、新しい形の茶館(ティーハウス)とも言えるモダンなインテリアデザイン。 洋風なアンティーク家具をうまく取り入れながらも、ナチュラルな和の文化とうまく融合されており、非常に落ち着いた空間になっています。

店内はカウンター席とテーブル席、そして道路に面した座敷が用意されています。この座席にて定期的に茶芸レッスンも開催されているのだそう。

お茶を淹れる前に茶葉を焙る作業は、このお店のこだわり。(余計な水分や雑味を飛ばす)

老樹白牡丹を頂く

こちらでは、以下を注文しています。

  • 白茶 老樹白牡丹 2013:600元
  • RICE CAKE: Original – beans Paste :50元

  • 会計715元(サービス料込)

クッキーや鬆糕(蒸した米粉ケーキ)、台湾風パイなどのお茶請けとともに楽しむことができます。

お酒も提供

このお店では、お茶を普段と違った形で楽しんでもらうために、プロのバーテンダーに考案されたティーカクテルも提供されている。ウオッカ、テキーラ、ラムなどと一緒に普段でも非常にめずらしい茶の組み合わせを楽しんでみたい。

関連情報

以下に、台北と台中の茶館の情報をまとめて紹介しています。

台北茶館まとめ台中茶館まとめ