東方美人の紹介と特徴について|おすすめの東方美人の選び方|台湾茶・烏龍茶

東方美人について

  • 品名:RENBO | 恋慕
  • 茶名:東方美人(とうほうびじん)
  • 英語名:ORIENTAL BEAUTY
  • 産地:台湾 | 桃竹苗
  • 種類:烏龍茶

IDLE MOMENTの”東方美人 / RENBO”はこちら

  • 東方美人(とうほうびじん)
  • 英語名:ORIENTAL BEAUTY
  • 別名:別名:白毫烏龍茶(はくごううーろん)、香檳烏龍茶(シャンピンウーロン)、膨風茶(ぼうふうちゃ)
  • 産地:台湾
  • 種類:烏龍茶

東方美人(オリエンタル・ビューティ)は、台湾で生産される烏龍茶(青茶)で、台湾茶の中でも歴史の長い銘茶に数えられえています。

新芽の部分をウンカという虫に喰わせ、その部分を含んだ一芯二葉で作られており、熟した果実あるいは蜂蜜の香りと柔らかく甘い味が特徴的なお茶です。

発酵度がとても高い烏龍茶としても知られており、フルーティーで蜂蜜のような甘い香りと紅茶のような味わいを併せ持った、台湾茶の中でも個性のあるお茶です。

茶葉は、細く揉捻されており、茶葉は白毫(白い茶葉)と共に紅色、黄色が混じり色鮮やか。水色はオレンジがかった鮮やかな琥珀色。

東方美人(オリエンタルビューティ:Oriental Beauty)という名の他にも、白毫烏龍茶や香檳烏龍茶などとも呼ばれています。

このウンカの力を利用した東方美人の製茶方法が研究され、新しく生み出された台湾烏龍茶に蜜香烏龍(貴妃烏龍茶)があります。

蜜香烏龍茶(貴妃烏龍茶)とは

蜜香烏龍茶とは、農薬を使用しない茶園にて育てられた茶葉をウンカに噛ませ、昔ながらのしっかり仕上げの発酵・焙煎で製茶をした台湾烏龍茶です。

南投県凍頂山周辺で生産が始まっており比較的歴史が浅いお茶で、別名、貴妃烏龍とも呼ばれています。

東方美人とウンカとの関係

東方美人(トウホウビジン)を作るうえでは欠かせないのが「ウンカ」の存在です。

19世紀に台湾で茶葉がウンカに噛まれ被害にあった茶葉を製茶したところ、甘く香り高いお茶が出来たことがきっかけで生まれたのがこの東方美人です。

そのため、東方美人を生産するのは一年に一回、夏頃のウンカが発生する時期に限られており、その発生は気候などの外部要因によって大きく左右されます。

本来であれば害虫とされるウンカを茶園から除去できないため、当然ながら茶園では農薬の使用は一切使用されることはありません。

茶摘みは手摘みで行われること、また製造の工程が複雑であるため、現在、東方美人はとても希少性が高く貴重なお茶とされています。

海外での評価

1860年以降、海外に輸出され高い評価を得ることになります。

イギリスでオリエンタル・ビューティー(Oriental Beauty)と名付けられたことで東洋において東方美人という名前が定着したと言われています。

またこのオリエンタル・ビューティー(Oriental Beauty)という名はイギリスのビクトリア女王が命名したとも言われています。

  • 品名:RENBO | 恋慕
  • 茶名:東方美人(とうほうびじん)
  • 英語名:ORIENTAL BEAUTY
  • 産地:台湾 | 桃竹苗
  • 種類:烏龍茶

IDLE MOMENTの”東方美人 / RENBO”はこちら