潮州・潮汕駅から泉州駅・市街地への移動について


POSTED | UPDATED

“QUANZHOU”

2018年4月から約2ヶ月間をかけて、中国、香港、台湾の茶の産地や市場を回る旅に出ています。 詳細は、以下のページにてご紹介しています。

こちらでは、①潮州からローカルバスで潮汕駅へ、②潮汕駅から高鉄(中国版新幹線)で泉州駅、泉州駅からローカルバスで泉州市街地へ、③泉州から安渓鉄観音産地で、巨大茶市場のある安渓へ訪れた際の記録を紹介します。

“PLEASE FOLLOW OUR INSTAGRAM”

  • ①潮州-潮汕駅(ローカルバス)
  • ②潮汕駅-泉州駅(高速鉄道)、泉州市街地→泉州駅

①潮州から潮汕駅へローカルバスで移動

潮州市内から潮汕駅へ向かう際は、ローカルバスを利用しています。

上記写真の通り、潮州市内を走るA線の『中心医院』から乗車し、潮汕駅(高鉄)へ向かいました。(6元)

潮汕駅

潮汕駅構内

②潮汕駅から泉州駅へ新幹線で移動

潮汕駅から泉州駅までの列車チケットの購入は、trip.comを利用しています。 中国での多くは、列車・新幹線を利用していますが、その全ての予約でtrip.comを利用しており、おすすのサービスです。

中国移動一覧

  • 昆明-大理、大理-昆明
  • 昆明-河口北
  • 深圳-広州東
  • 広州東-潮汕(潮州)
  • 潮汕-泉州
  • 泉州-武夷山北
  • 武夷山北-杭州東
  • 杭州-上海虹橋

trip.comでのチケット予約の素晴らしいところは、①チケット検索、②予約、③支払いまで全てネット上で行うことができるところです。

中国国内の駅チケット購入窓口は、慢性的に人で混み合っています。trip.comは、わざわざ駅まで行き、混み合っている窓口で並ぶことなくチケット予約・支払いができる画期的なサービスであり、中国語が得意な方でもおすすめのサービスです。

trip.comは、予約手数料としてチケット1枚購入に対して20元(約300円)が発生します。 ただ、長い時間をかけて並ぶくらいなら日本円にして約300円くらいであれば、あきらかにtrip.comを使う価値があると思います。

またキャンセル手続きも容易ですので、突然の予定変更があった時でも安心です。

※チケットの発券に関しては、駅チケットセンターへ行き手に入れる必要があります。発券窓口も混み合っている場合がありますので、余裕を持って発券するようにしましょう。

チケット情報

  • 列車番号:D2282
  • 潮汕駅出発:2018年5月17日 11:30
  • 泉州駅到着:2018年5月17日 13:37
  • 車両:11, 座席: 04A
  • クラス:2等席
  • チケット代:98元
  • 予約手数料:20元

  • 合計:118元

潮汕駅の改札を通りプラットフォームへ

泉州駅に到着

泉州駅前のバスターミナル

泉州駅から泉州市街地へローカルバスで移動

泉州駅から泉州市街地へはローカルバスで移動します。泉州駅から泉州市街地へ向かう線は、目的により異なってきますが、私は『医大二院鯉城院区』周辺に宿泊するホテルがあったため、ここへ向かっています。 ここは、たくさんのレストランや屋台、お土産ショップなどが立ち並ぶ一番の繁華街でもあります。

泉州駅と医大二院鯉城院区の間は、路線バス、『17路』、『3路』、『K1路』が周回していましたので、いずれかのバスに乗れば医大二院鯉城院区へ向かうことができます。料金は1元。

医大二院鯉城院区にて撮影

医大二院鯉城院区周辺

泉州について

泉州市は福建省東南部に位置している古くは南宋から元朝にかけて、「海のシルクロード(陶器の道)」の出発点として栄えた貿易港の町として知られています。

現在は、貿易港の面影は見ることはありませんが、当時の繁栄が伝えるエリアや、歴史的建造物や若者が集まる歓楽街などがたくさん集まる観光地となっています。

代表的観光スポットとして以下の場所が挙げられます。

西街

レストラン、カフェ、お土産ショップなどが立ち並ぶエリア。一日中多くの人で賑わう。

医大二院鯉城院区の道をさらに進むと見つかる西街

夜になると綺麗にライトアップされる

開元寺(泉州开元寺)

開元寺は福建省の中でも最大規模を誇る仏教寺院であり、泉州の市街地、西街に位置しています。686年に建立、738年に現在の開元寺と改名され、全国重要文化財に指定されています。

建物は、全国重要文化財に指定されており、レストランや屋台、お土産ショップが立ち並び若者があつまる人気エリアに近いため泉州を訪れる観光客のほとんどがここを訪れます。

見どころは、境内にある「双塔」と呼ばれる東西に建てられた2つの塔です。それぞれ東塔「鎮国塔」、西塔「仁寿塔」と呼ばれています。

双塔

西湖公園

人々の憩いの場となっており西湖。湖の周りが綺麗整備されており、ランニングする人や家族で散歩する人たちを見かけるなど、ゆっくりした時間が流れています。

老君岩/清源山風景名勝区


老君(太上老君)は、道教の始祖とされる老子が神格化されたもの。元々仙岩と呼ばれていましたが、岩の形が老君に似ていることから老君岩と呼ばれるようになりました。老君の鼻を触ると長生きできる、という言い伝えが地元の人々知られているようです。

天后宮

慶元2年(1196)に創建、海の女神である媽祖を祀っており媽祖廟とも呼ばれています。 媽祖廟とは、航海安全の女神を祀った廟のことを言います。

泉州博物館

西湖公園近くに位置する、博物館。泉州が『海のシルクロード』当時の様子や文化を伝えています。

泉州府文廟

泉州府文廟は唐代に創建。大成殿は宋代の建築様式が用いられている。

元妙観

西晋の太康年間に創建。当初は白雲廟と呼ばれており、閩南地区で最も古い時期に建立された道教寺院です。

清浄寺

宋の大中祥符2年(1009)に創建されたイスラム教モスク。現存する門楼、礼拝堂はアラブ建築様式が用いられており、中国に現存する最も古いイスラム教建築となっています。

通淮関岳廟

清浄寺から100mほどの所にある通淮関岳廟は、元々は関羽(関帝)を祭る祀る関帝廟でしたが、南宋時代の将軍・岳飛も祀るようになったために現在は、関岳廟に名称が変更となっています。清代の石碑も多く保存されている。


富美宮

冨美宮は、泉州市富美村に位置する王爺寺院で明代正徳年間(1505‐1521)に創建される。

https://www.instagram.com/p/BW3hMIWFCm3/?taken-at=100851437157626

洛陽橋

洛陽橋は、洛陽江に架かる橋で、泉州市鯉城区から東に約10kmに位置する場所にあります。

橋の長さ834m、幅7m、花崗岩から造られたこの橋は、宋代1059年に完成したもので、美しい眺めが人気の観光スポットとなっています。


南少林寺

泉州少林寺とも呼ばれる泉州を代表する禅寺。