中国の列車、新幹線のチケットの予約はTRIP.COMがおすすめ

2018年4月から約2ヶ月間をかけて、中国、香港、台湾の茶の産地や市場を回る旅に出ています。 詳細は、以下のページにてご紹介しています。

中国内での移動の多くは、列車・新幹線を利用していますが、その全ての予約でTRIP.COMを利用しておりますが、おすすのサービスです。

中国移動一覧

  • 昆明-大理、大理-昆明
  • 昆明-河口北
  • 深圳-広州東
  • 広州東-潮汕(潮州)
  • 潮汕-泉州
  • 泉州-武夷山北
  • 武夷山北-杭州東
  • 杭州-上海虹橋

TRIP.COMでのチケット予約の素晴らしいところは、①チケット検索、②予約、③支払いまで全てネット上で行うことができるところです。

中国国内の駅チケット購入窓口は、慢性的に人で混み合っています。TRIP.COMは、わざわざ駅まで行き、混み合っている窓口で並ぶことなくチケット予約・支払いができる画期的なサービスであり、中国語が得意な方でもおすすめのサービスです。

TRIP.COMは、予約手数料としてチケット1枚購入に対して20元(約300円)が発生します。 ただ、長い時間をかけて並ぶくらいなら日本円にして約300円くらいであれば、あきらかにTRIP.COMを使う価値があると思います。

またキャンセル手続きも容易ですので、突然の予定変更があった時でも安心です。

※チケットの発券に関しては、駅チケットセンターへ行き手に入れる必要があります。発券窓口も混み合っている場合がありますので、余裕を持って発券するようにしましょう。

Trip.comの使い方

TRIP.COMの利用方法を昆明駅-大理駅へのチケット予約を例に以下に紹介いたします。

初期登録

まずTRIP.COMを初めてご利用されるという方は、TRIP.COMへアクセスもしくは、スマートフォンアプリを起動し、サービスへの初期登録を行ってください。

アプリをダウンロード

列車検索

  • 列車検索で出発地(昆明)と目的地(大理)、出発日を入力し検索
  • 検索結果一覧が出てくるので、希望の便を選択して予約手続きを行う

昆明-大理 (列車番号:K9616)

昆明から大理へは寝台列車を利用しています。

  • 列車番号:K9616
  • 出発: 2018年4月13日 22:05
  • 到着: 2018年4月14日 04:44
  • 車両: 08, 寝台: 12(下段)
  • チケット代:105.5元
  • 予約手数料:20元

  • 合計:125.5元

昆明-大理への寝台列車内

寝台列車内は綺麗に清掃されており、問題なくよく眠ることができました。 中国での移動は、そのほとんどを列車もしくは新幹線を利用していますが、車内はとても綺麗に整備されていました。

席の等級について

シートの等級については確認できただけで、以下の通りとなっています。

新幹線

  • 一等席:日本の新幹線のビジネスシート
  • 二等席:日本の新幹線の普通シート

私は二等席を選んでいました。二等席で十分快適です。

寝台列車

  • 軟臥:2段ベッド
  • 硬臥:3段ベッド

私は常に硬臥(3段ベッド)を選んでいましたが特に辛い思いはしてません。

列車

  • 軟座:席がより快適
  • 硬座:軟座より若干シートが硬め

私は常に硬座を選んでいました。硬めといっても、そこまで辛い思いはしていません。

2018年4〜5月に中国を旅していた際は、新幹線、寝台列車、列車にそれぞれ乗車していますが、以下の通りのシート(等級)を選んでいます。

※横にスクロールできます。

チケットの発券

昆明駅チケット窓口

予約・支払いが完了し、発券の確認ができたら実際に駅窓口まで行きチケット受け取りに行きます。ここで並んでいる人の多くは、これからチケットを購入しようとする人達。中国中のほとんどの駅でこのような光景が広がっているので、ここであらためてネットで購入して良かったと毎回思うことになると思います。

予約のチケットの発券の窓口が用意されている場合がほとんどで、大抵の場合その窓口は比較的空いているので、時間をかけることなくチケットを受け取ることができます。また基本的には、どの窓口に並んでいてもチケットの発券は行なってくれます。

窓口で発券する際は、予約番号とパスポートを提出します。 TRIP.COMのアプリをスマホにダウンロードしておくと、チケット購入後以下のような画像を表示できる画面があります。この画面を表示したままスマホと一緒にパスポートを提出すると手続きがスムーズに進みます。

画像はスクリーンショットでも問題ありません。ネット環境が不安な方は、事前にスクリーンショットを保存しておくことをおすすめします。

発券されたチケット

列車の乗り方(例)

チケットが発券された後の列車・新幹線の乗り方はどの駅も基本的には同じです。こちらでは昆明駅での乗車例を紹介いたします。

改札

チケットの発券が済んだら、そのチケットとパスポートを用意し下の改札窓口から中へ入場します。

駅改札内

昆明駅では、行き先によりプラットフォームが異なります。プラットフォームのお知らせは駅内の電光掲示板にて確認できるようになっています。

列車が到着するプラットフォームを確認したら、その付近で列車の到着を待ちます。

待合スペース

プラットフォームへの入場は、出発の直前まで開かれることはないので、広い待合スペースで出発時間まで待つことになります。 駅内は、簡易な食事ができるスペースやコンビニのようなお店、トイレが数カ所用意されています。

プラットフォーム内へ

列車が到着したら、チケットを提示してプラットフォームへ向かいます。開場直前になると列車に乗車する人達で混み合いますが、TRIP.COMにて予約したチケットは指定席となっていますので、特に焦る必要はありません。人混みに気をつけながらゆっくり入場してください。

予約した席がある車両を見つけて列車に乗り込みます。

以上、TRIP.COMの紹介となります。ご興味があればご利用されてみてください。

TRIP.COMへアクセス

PROFILE

戸田裕也、IDLE MOMENT代表。1983年生まれ。米国大学院卒、MBA取得。2018年ティー・ビジネス専門サイト『IDLE MOMENT』を開設。国内外のお茶に関する情報の発信とお茶にまつわる商品の販売しています。ウェブデザイン関連は独学で学習。『IDLE MOMENT』のウェブデザインおよび運営はすべて本人で行っています。

RELATED POST