岐阜|お茶づくり|春日薬草店について


POSTED | UPDATED

春日薬草店代表 増元直人さんとは、2017年8月6日に大阪の枚方市内意賀美神社境内にて開催された『食と暮らしのマーケット』でお会いしたことをきっかけに交流が始まりました。

春日薬草店
  • 代表:増元直人
  • 住所:岐阜県岐阜市佐久間町18-2
  • TEL:058-214-6614
  • ONLINE SHOP

homepage BLOG

増元さんは、薬草、日本茶などを扱う「春日薬草店」の代表を務める傍ら、様々なイベントのプロデュースを企画されるなど様々な活動をされており、イメージしたことを形にすることにとても長けている方です。

揖斐川町春日へ

2017年10月に、増元さんにお誘い頂き増元さんの地元で活動の拠点とされている揖斐川町春日(旧春日村)を訪れ、一緒に活動されているお仲間や茶園などを見学させて頂いています。

この辺りは昔から村中がまったく農薬を使わずに、お茶づくりを行なっている驚きべき地域で、茶の品種化に伴い、現在は数%しか日本に残っていない在来種のお茶を大切に守り続けて場所でもあります。

霧深き山々

茶摘み体験

この日、宿泊させて頂いた屋敷のような大きな家。もともとは、旅館を営まれていたとのこと。

増元さんは、高齢化・過疎化が進む地元春日を盛り上げるべく活動も行われています。

私が訪れた日は、増元さんと一緒に活動する個性あふれるメンバーの方々も集まり、みんなで夕食で頂きながらこれからの活動について話し合いをされていました。

以下の動画は、その活動の中で製作された春日薬草店のプロモーションビデオです。完成度がとても高く地元春日のすばらしいPRにもなっています。


NEOSHIHO

この日たくさんの方にお会いをしていますが、その中にはこの活動の中心的存在で、現在NEOSHIHO名義で活動されている陶芸家の宮脇志穂さんにもお会いしています。

NEOSHIHO
  • 代表:宮脇志穂

facebook instagram

春日を思いこの地域を盛り上げるべくチームとして活動する彼らのパワーをすごく感じることができたとても良い日となりましたが、とても羨ましくも思えた日でもありました。